Now Loading...

News

2016.02.18

中古産業機械のグローバルマーケットプレイス「ALLSTOCKER」 アフリカ・ベトナム・アメリカ向けに新機能追加

160カ国以上からのアクセス実績により、グローバル対応を強化し、産業機械売買時に発生する海外との商取引上の課題を解決

SORABITO 株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:青木隆幸、以下 SORABITO)が運営する産業機械のグローバルマーケットプレイス「ALLSTOCKER(オールストッカー)」では、産業機械売買時に発生する海外との商取引上の課題を解決するため、アフリカ地域の輸出検査「EAA検査」への対応・ベトナム語専用窓口の開設・米ドルによる出品対応を開始致しました。

「ALLSTOCKER」は、建設機械や農業機械を中心とした産業機械の取引ができる業界唯一のマーケットプレイスです。大手企業とのアライアンスと独自のシステム開発による決済機能、売り手の保管場所から世界中に機械を運送する物流機能を一括で提供することで、これまで年に数回の限られた機会でしか売買取引ができなかった上、タイムリーなマッチングが起こり辛かった産業機械流通の効率化を実現しています。2015年11月のサービス開始以降、海外のバイヤーを中心に160カ国以上の国よりアクセスを頂いたため、この度、グローバル対応の強化を決定致しました。

(1)アフリカ地域の輸出検査「EAA検査」への対応

街全体が工事現場とも言われるドバイを中心に建設工事が盛んに行われ、日本の建機に対する需要も非常に高いアフリカ地域ですが、国や地域ごとに輸出ルールが異なるため、取引時に複雑な手続きが必要でした。ケニア、タンザニア、ウガンダ向けに中古自動車が輸出される際に必要となる「EAA検査」が建設機械にも適用されるため、この度、当社にて検査手続き代行を開始いたしました。これにより、アフリカ地域へのよりスムーズな輸出対応ができるようになりました。

(2)ベトナム語専用窓口の開設

サイトへの問い合わせ件数が最も多く、東南アジアにおける貿易のメインポートでもあるベトナム地域への対応を強化するため、ベトナム語対応が可能な専用スタッフを常駐し、電話・メールサポートを開始致しました。

(3)米ドルによる出品対応

米ドル出品対応により、国内の建機だけではなく、海外の建機取り扱いも開始し、より充実した製品ラインナップを揃えて参ります。

SORABITOでは、今後も大型かつ高額な産業機械の取引をトータルサポートし、誰もが安心・安全に利用できる世界基準のBtoBプラットフォームを構築することで、より多くの優れた機械が全国・全世界に流通できるよう貢献して参ります。

会社概要

  • 会社名:SORABITO株式会社
  • 住所:東京都中央区八丁堀1-8-6 ライムライトビル 2F
  • 設立:2014年5月12日
  • 従業員数:16名(2015年12月現在)
  • 代表者:代表取締役 青木 隆幸
  • 資本金: 1億1,205万円(資本準備金含む)
  • 事業内容:中古産業機械のマーケットプレイス「ALLSTOCKER」の企画・開発・運営
  • 会社HP:http://www.sorabito.com/
  • ALLSTOCKERサービスサイト:https://allstocker.com/

Contact

取材のお申し込み・採用応募・ご質問等は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ